GeForce GTX950搭載のゲームPCを比較

10万円以下なのに高い満足度!

GeForce GTX950は最新グラフィックボードです。「最新グラフィックボード」なんて書くと、超高性能だと思われるかもしれませんが、むしろ逆です。性能自体はミドルスペック以下です。

 

GTX960がミドルスペックの代名詞だとすると、GTX950はワンランク下のグラフィックボードです。でもその分安いのが魅力です。なんと10万円以下でゲーミングPCを購入できるのです。

 

標準画質なら万能!

ゲーミングPCの平均単価が13万円くらいだそうです。そうなると10万円以下のゲーミングPCってどうなんでしょう。正直、性能に不安を感じてしまいます。GTX950でまともにオンラインゲームを動かせるのでしょうか。

 

そこで実際にGTX950で各ゲームのベンチマークを計測してみたところ、標準画質ならサクサク動いてくれることがわかりました。さすがに高画質は厳しいみたいです。でも標準画質ならFF14やPSO2も余裕です。

 

おすすめのGTX950搭載ゲーミングPC

ではドスパラとG-Tuneが販売しているGeForce GTX950搭載ゲーミングPCをピックアップしてみます。このどちらかを選ぶのがおすすめですよ。

 

ドスパラ 「ガレリア DH」
ガレリア DH OS Windows7/10 64bit
CPU Core i5-6500
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX950 (2GB)
ストレージ 500GB HDD

 

最強におすすめなのはドスパラのガレリア DHです。なんと約9万円という激安価格です。CPUがCore i5-6500ですが、オンラインゲームはマルチコアを活用しないので、Core i7ではなくても影響しません。SSD追加する余裕がある嬉しい価格ですね。

 

>> ガレリア DHの詳細はこちら

 

G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im570BA1」
NEXTGEAR-MICRO im570BA1 OS Windows7/10 64bit
CPU Core i5-6400
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX950 (2GB)
ストレージ 500GB HDD

 

NEXTGEAR-MICRO im570BA1の詳細はこちら

 

さらに安いのがG-Tuneです。まさかの8万円台です。でも私はドスパラをおすすめします。G-TuneのCPUはCore i5-6400で、動作周波数が2.7GHzしかありません。ゲームの推奨スペックが3.0GHz以上なものが多くなっているので、CPUは高性能なものを選んでおいたほうが後悔しません。