GeForce GTX TITAN Z搭載ゲームPCを比較

性能も価格も最強過ぎる!

以前からずっと噂されていたGeForce GTX TITAN Zがとうとう発売されました。GeForceの最新世代は700番台です。本来であればGTX790がデュアルGPUになるはずでしたが、GTX TITAN Zという名称です。(もしかしたらGTX790は別で発売されるのかも)

 

これまで最強と言われていたGTX780TiやGTX TITAN BLACKとはまったくの別物です。今までのグラフィックボードはシングルコアです。グラフィックボードが1つだけ入っているイメージですね。

 

しかしGTX TITAN ZはデュアルGPUです。2つ分のグラフィックボードが1つに入っているので、並列処理することにより圧倒的なハイパワーを生み出すことが可能になります。CPUも今はマルチコアが主流ですから、それのグラフィックボード版です。

 

こんな方におすすめ!

超ハイエンドなGTX TITAN Zは誰もが欲しいと思うでしょうが、価格もぶっ飛んでいます。グラフィックボード単体で40万円以上します。ゲーミングPCに搭載したら50万円以上になることは確実です。だから以下の様な方におすすめします。

 

高額でもいいから最新のハイエンドPCが欲しい!

5年以上最新オンラインゲームを最高画質でプレイしたい!

SLIよりもデュアルGPUを使ってみたい!

 

BTOメーカー別に比較

さて、比較してみようと思ったのですが、この記事を書いている現在、GTX TITAN Z搭載ゲーミングPCを販売しているのはドスパラだけです。他のBTOメーカーはまだ様子見をしているのかもしれません。

 

ドスパラ 「ガレリア タイタン Z WZX」
ガレリア タイタン Z WZX OS Windows7 Pro 64bit
CPU Core i7-4790
メモリ 16GB
グラフィックボード GeForce GTX TITAN Z (12GB)
ストレージ 240GB SSD + 3TB HDD

 

ガレリア タイタン Z WZXの詳細はこちら

 

なんと約56万円です!GTX780Tiを2枚挿しにしたほうがコスパ良いような気がするのですが、こういうハイエンドなマシンをコスパで判断するのは良くないですね。ロマンとかそういう世界です。

 

デフォルトでSSDが搭載されているのはいいですね。これだけで快適性が段違いです。GTX TITAN Z搭載PCとしてはバランスの良いパーツ構成です。今後価格が下がっていくのでしょうけど、せっかくなら早めに入手してみたいですね。