G-Tuneの評価と評判を検証

ただの噂を自分の意見として語るのはやめなさい

「G-Tuneの評判って悪いからやめとこう」こんな考えをしているようなら情弱としか言わざるを得ません。実際に使ってみた感想を語るならまだしも、みんなが悪いと思うから自分も悪いと思う、なんて頭を使っていない証拠です。

 

では実際にG-TuneのゲーミングPCは良いのでしょうか?悪いのでしょうか?BTOメーカーを知り尽くした私がメリット・デメリットを検証して、本当の評価を書いていきます。

 

故障率が低い!

「G-TuneのゲーミングPCがすぐ壊れた!」なんて評判を見たことがあるかもしれません。確かにパソコンは一定の確率で壊れるのですから、運が悪ければどのメーカーで買ったとしても故障するものです。

 

しかしG-Tuneは絶対に故障率が低いと断言します。なぜなら出荷の前に厳密な動作チェックを行っているからです。出荷に少し時間がかかるのはそのせいなのです。動作チェックをしないBTOメーカーと比較すれば、確実に故障率が低くなるのは当然のことです。

 

出荷は少し遅い!

故障率が低いのはメリットです。でもしっかりとした動作チェックを実施するために、出荷が遅くなるデメリットが生まれます。注文してから1週間か2週間はかかると思ってください。

 

サポートが充実!

私がG-Tuneを高く評価しているのはサポートが充実しているからです。例えば3年保証に入ったら、ゲーミングPCのパーツが壊れたとしても3年間は無料で交換してくれます。

 

もしも2年後にグラフィックボードが不調になったとしましょう。でもその時に同じグラフィクボードはありません。するとG-Tuneはより高性能なグラフィックボードに無料で交換してくれるのです。サポートの評判が良いのはこのおかげかもしれません。

 

とにかく安い!

ゲーミングPCは高い買い物です。だから予算内に抑えるために、少しでも安いものを探したいですよね。G-Tuneと他のBTOメーカーを比較した場合、とにかく安いことに驚きます。

 

Twitterでの評判を調べてみると「やっぱりG-Tuneが一番安い」というツイートをよく見ます。確かに同じパーツ構成のデスクトップが1万円以上格安なんてのが普通です。

 

オンラインゲーム公式大会に採用されている!

安いことはわかりました。では性能はどうでしょうか。G-TuneのゲーミングPCはFPSの公式オフライン大会で採用されています。ゲーム運営会社にもゲーマーにも高く評価されている証拠です。

 

大会でラグや故障なんて絶対に許されませんよね。ゲーマーが全力を尽くせるように快適に動作することが必須条件です。こんな大事な場面でも使われているG-TuneのゲーミングPCですから、高性能だと評価されているのですね。

 

>> G-Tune公式サイトはこちら